情報 - 2014年 -


2014年10月:交通の状況
成都〜小金の公共バスは2014年10月01日から巴郎山ルートの運行を再開しました。 成都〜四姑娘山の所用時間は5.5時間で、料金は105元です。 茶店子汽車站ではパスポートの提示を要求される場合が有ります。
2014年07月:交通の状況
成都〜小金の公共バスは2014年01月20日から巴郎山ルートを運行していましたが、 映秀−臥龍区間の道路工事のため06月から夾金山ルートへ変わりました。 成都の茶店子バスターミナル(汽車站)も小金も 06:30頃発です。 所用時間は約9時間です。小金に近い達維でタクシーと乗り換えます。 料金は変則的で、小金(四姑娘山)→成都が120元、成都→小金(四姑娘山)が136元です。 茶店子汽車站ではパスポートを提示しなければなりません。9月末に巴郎山ルートを 再開する予定です。
2014年02月:宿泊と交通の状況
四姑娘山麓には新しい民宿(トイレシャワー付き個室有り)が多く有ります。 大きなホテルである嘉絨大酒店と新四姑娘山荘も営業しています。 臥龍ルートの道路工事が完成してないため観光客は未だ少なく、村人は早く観光客が 戻って来て仕事が増え収入が以前の水準に戻るよう願っています。
成都-小金の公共バスが1月20日から巴郎山ルートの運行を再開しました。 成都の茶店子バスターミナルと小金の旧バスターミナル(現在の切符売場)を同じ 07:00/08:00/12:00発車(4月改訂)、所要時間約6.5時間(成都-四姑娘山5.5時間/ 四姑娘山-小金1時間)です。料金は変則的で、小金(四姑娘山)→成都が80元、 成都→小金(四姑娘山)が102元です。 映秀−臥龍区間は道路工事のために通行制限が有り、四姑娘山の民宿等が詳しい情報 を提供しています。
2014年01月:新しい町の名前は四姑娘山
これまで日隆鎮だった町の名前が昨年末に四姑娘山鎮へ変わりました。 "日隆"は"3つの川の合流点"を意味するギャロンチベット語の方言の音訳で、 "四姑娘山"は"土地の守護神"を意味する方言に由来します。
2014年01月:例年より寒い冬
昨年の雨季明けは例年より2カ月遅れの11月初旬で、その後晴天が多く寒い 天候が続いています。異常な天候は2年続きで、今年も花の開花が遅れそう です。
制作:四姑娘山自然保護区管理局 特別顧問 大川健三